《・L・I・N・K・》


  
↓CLICK
簡 単 な 説 明 で す

阿里山やダージリン、中国・韓国に加えて、国鉄の蒸機機関車の解説と写真がたくさん掲載されている「くろがねのみち」アジアの鉄道のページです。

「尾小屋鉄道」のみを扱っているホームページです。過去と現在、映画の中の尾小屋鉄道など、その魅力に多方面からスポットを当てています。

「石川県の鉄道」のページです。尾小屋鉄道、北陸鉄道などがたくさん掲載されています。

日比谷線の車両に置き換わった「長野電鉄株式会社」のホームページです。Windows'95で使用できるオンラインソフト長野電鉄時刻表もあります。

近辺の鉄道情報と自転車ツーリングが話題の「Rail & Bikes」、ものすごい情報量と正確な地図、フリーのアイコン集があります。

「09 Photo-Rail」フォトギャラリーと鉄道廃線のページです。フラッシュが使ってあったり、シンプルで奇麗なデザインです。

「ちょっと古い鉄道のお話」のページです。ED16、鉱山軌道のトロッコやローカル私鉄の思い出話、切符あれこれで構成されています。

日記を中心にした鉄道乗りつぶし旅行記が中心の「鉄道おたく旅」のページです。鉄道以外の旅も掲載されています。

NARO’s Homepage。岐阜を中心とした鉄道と、きれいな写真のページです。特に人物の写真が素晴らしい。

ナローゲージの写真と動物や海外の風景、宇宙など、きれいな写真で構成されている「Photo Gallry」。小動物のカラー写真がステキです。

「街と鉄道」のページです。鉄道ばかりでなく、街やその歴史や地形なども綿密に調べて紹介しています。

ものすごく実感的な鉄道模型とレイアウトの蕗狩軽便鉄道を紹介しているシンプルできれいなページです。樹木などの作り方もあって参考になります。

ファインスケールの鉄道模型を製造・販売しているモデルワーゲンさんの凝った作りのホームページです。モデル以外の情報も満載。

東急の車両を中心に旅行などいろいろアップされている「みずほトラベル」、譲渡された東急の車両もあってボリュームたっぷりのページです。

現在は廃止されてしまった軽便鉄道や軌道の元気な頃の姿がたくさん掲載されている「浜頓別軌道」、貴重なカラー写真が多いのがウレシイ!!

ジャズとロックと映画のサイトですが、その情報量と読ませる文章、簡潔なデザインが素晴らしいページです。

全国のタクシーサービス情報が引き出せるタクシーネットワークがある「キャブステーション」、介護タクシーがいいですね。もちろん観光も。

珍しいネパールとインドを結ぶナローゲージ鉄道・JANKPUR RAILWAYを紹介しているサイトです。在籍する車両を詳しく紹介しています。
夜行列車、ローカル線、特急列車、廃線跡巡りなど様々な鉄道旅行などの、旅の写真とていねいな文章でつくられているページです。
長野県の鉄道を中心に実車と模型を採り上げているTM−net、長野電鉄木島線の撮影ポイントが詳しく載っています。
『SL讃歌』&『ビデオスケッチ』 のページです。蒸気機関車の動画が多いのと草軽電鉄の元気な頃の様子が掲載されています。
海外汽車旅を専門に企画・紹介している有限会社ツーリストシアターさんのサイト、T−Railwayです。
現在のフィリピンの鉄道事情を紹介しています。特にネグロス島のサトウキビ工場の蒸機の調査は労作、必見です。

花札の種類や遊び方などを紹介している「赤いかるた・黒いかるた」、いろいろな遊び方を教えてもらった方のページです

5インチゲージ&Gゲージの大型鉄道模型と庭園鉄道についてのページです。大きな模型のもいいですね。

インドのホテルや旅行情報に詳しいニューユナイテッドトラベルサービス(NEW-UTS)さんのホームページです。

加悦SL広場を運営している、カヤ興産鰍ウんのホームページです。最新情報を見ることができます。

Jacob Wong さんが属している、香港鐡路會のホームページです。香港の鉄道の歴史、現状がわかります。中文と英語のページで日本語ではありません。中文はフォントをダウンロードしないと表示されません。
旧型貨車保存図鑑 は、モデラーとごく一部の懐古趣味貨車ファンのための保存画像ライブラリです。モノトーンの画面と大きな画像がきれいです。

九州の炭鉱地帯を走る日田彦山線のイメージアップおよび認知度を高めるために、日田彦山線活性化推進沿線自治体連絡会が運営しています。

内旅行、海外旅行の航空機、ホテル、パック、レンタカー、保険などの比較検討、予約および旅行情報のリンク集のページです。
茜堂
鉄道写真(現役時代のSL・電車)、鉄道切符(硬券・赤線入等)、鉄道模型(HO・ナロー・N)、廃線散策、駅弁、鉄道部品等々の紹介や解説等で鉄道全般を趣味として展開しています。
※アイコンの一部には柏熊秀雄さんが作られたものをを使わせていただいています。
※リンク先のホームページから画像をいただいているものもあります。